最新の不動産

専任媒介契約なら自己発見取引が可能

不動産の売却をするとき、まずすることとして親戚や知り合いなどに話をすることでしょう。
もしかしたら、この地に物件を欲しいと考えている人がいるかもしれません。
知り合いであれば、互いにとっていい価格を言い合えます。
親戚ぐらいになるとなかなか情報が集まりませんが、会社の同僚などであればそれなりに集まることもあります。
不動産業者に仲介の依頼をするとき、専任媒介契約をすると、自己発見取引で売却先を見つけることができます。
この契約の場合、他の業者と仲介契約は結べません。
あくまでも一社ですが、自分で見つけた場合にはそれを優先することができます。
もちろんその場合は仲介手数料も払う必要がなくなります。
コストを落とすことができます。
自分では絶対に見つけないなら、専属専任媒介契約の方がいいでしょうが、もしかしたら見つかるかもしれない状態なら専任媒介契約にしておいた方がいいでしょう。
専任媒介契約でも、それなりに一生懸命動いてくれます。

Copyright(c) 不動産 . All Rights Reserved.