最新の不動産

専属専任媒介契約なら希望に近い売却が可能

不動産を保有していてできるだけ早く、希望金額で売却したい場合があります。
自分で売主を探すこともできるでしょうが、知人などに声をかけてもなかなか見つかりません。
欲しい人の情報が多く集まるところに依頼をすれば、購入者を見つけてもらえるかもしれません。
この時には不動産会社に仲介を依頼します。
依頼をするときにはいくつかの契約方法から選択をします。
専属専任媒介契約は、ある一社に対して、専属で依頼をする契約になります。
この会社以外とは契約ができません。
そして、もし自分で売主を探してきたとしても、それはできません。
あくまでも契約をした業者からの情報でしか取引ができません。
業者としては、他社に邪魔をされずに買主を探すことができます。
うまくいけば、手数料が手に入ります。
専属専任媒介契約のメリットは、できるだけ早く、希望に近い価格で売却できることでしょう。
業者が積極的に動いてくれるので、売れやすくなるとされています。
次に購入する物件の購入代金を得たいときなどに依頼をします。

Copyright(c) 不動産 . All Rights Reserved.